ビタミンCとビタミンC誘導体は何が違う?

化粧水の表示をよく見るとビタミンC配合(誘導体)とか、ピュアビタミンC配合のように違うもののように書かれていたりしますね。

これって美肌への効果に何か差があるのでしょうか?

肌がツヤツヤしてくる、やわらかくなる、キメが整う、毛穴やシワが目立たなくなる、ニキビが消えたなど肌の質そのものを良くしてターンオーバを正常化するビタミンC誘導体の皮膚改善効果がここ数年で急速にわかってきました。

ビタミンCは抗酸化力が強い分、単体ではあっという間に酸化してしまいます。
自然界の中にあってはかなり不安定な成分なのです。

そしてそもそもビタミンCは水溶性の成分です。

お肌の上には皮脂がありますから水は弾かれてしまい、ビタミンCを必要としている真皮に浸透して届くことは不可能です。

肌にそのまま付ける化粧水も実際にはほんの表面がうるおっているに過ぎません。

これではせっかくの有効成分も意味がないです。

この無理難題を解決するために本来水溶性である成分に親油性のモノを結合させ、肌の奥まで運べるようにと考えられたのがビタミンC誘導体です。

いくつかタイプがあありますがイオン導入は水溶性のビタミンC誘導体(リン酸型アスコルビル)でないとできないなど、用途によって変えているようです。

サイエンスコスメメーカーとして有名なビーグレンはナノ技術とドラッグデリバリーシステムによりこの難題を解決して本物のビタミンCを配合し、肌の深い部分にまで浸透させることに成功しています。

ビタミンCはコラーゲンを作る手助けをしたり、皮脂バランスをコントロールするなどの重要な働きをしますが、半面肌にとっては一種の刺激物でもあります。

濃度が濃過ぎるものを乾燥肌や敏感肌に使用すると肌荒れを起こす場合もありますので、パッチテストは忘れずに行いたいもの。

結果を急ぐあまり付けすぎるのも逆効果になる可能性も否定できません。

ビタミンCにしても誘導体にしても効果は同じと言うメーカーさんは多いですが、ピュアビタミンの方が反応が大きく出るところを見ると、効果も高いと言えそうです。

特にシミ消しには欠かせない存在ですね。