肌色の黄ぐすみはエイジングケアで改善できる?

日焼けあとの肌色は昔なら小麦色と、夏場にはもてはやされたものでした。(よね?)

 
それが今では紫外線から受けるダメージでシワやシミが増える仕組みが解明され、年間を通じてのUV対策が必須と言われるまでになっています。

時代の流れってスゴイと言うか、化粧品メーカー売り込み方ってある意味自分本位でいいかげんですよねー。
そうは言っても現実問題、サンオイルのCMに踊らされてしまったことを後悔しても始まりません。

若い頃にたくさん日焼けをしている方は、のちのちシミが出現することになるので、早いうちからエイジングケアを始めるべきでしょう。

今はぜんぜんふつうだからと安心していると、取り返しがつかない状態になるかもしれませんよ?

10代20代の頃のように、日焼けした肌色が元のようにさめてくれるまでの時間が長くなったり、実際に日焼けをしているつもりはなくても肌色の透明感が失せてくるもの事実です。

紫外線を浴びたあとに増加したメラニンはターンオーバーにより徐々に排出されますが、加齢により代謝が落ちると、肌はその情報をそのまま記憶してメラニンはどんどん溜まってしまいます。
そして厄介なのは日焼けではない肌のくすみ。
昔は明るかった肌色が、いつの間にか黄色みを帯びたグレーのようなくすみで厚ぼったさを演出してしまう肌質に変化していませんか?

じつはそのお肌の黄ぐすみはメラニンのせいではありません。

これは糖化と言う症状の表れなのです。
アスタリフトのCMだったか、小泉今日子さんの「錆びない人」というキャッチコピーで、肌細胞の「酸化」は有名になりましたよね。

その酸化よりもある意味怖いのが「糖化」。

酸化が「サビ」なら糖化は「焦げ」です。

メイラード反応やAGE(終末糖化産物)ということばも最近では目にする機会が増えたように思います。

トーストを焼く際に、はじめはほとんど白い生地が焼いているうちにだんだんこんがりとしたキツネ色に変化していきます。

これが糖化。

糖化とは、還元糖とアミノ化合物のたんぱく質や脂質に酵素の働きなしで結合する反応のことを指しています。

基本的にはトーストのように熱をくわえることで起こりやすいのですが、熱なしでもゆっくりとであれば化学変化は起こります。

生成された化合物は焦げた色をしているので、色味の薄い皮膚からは透けて見え、肌色を暗くしてしまうのです。

次第に体内から排出はされるのですが、年齢とともにターンオーバーは遅くなるので、滞在時間が長くなりたまっていく方が多いと言うわけ。
抗糖化ケアに大切なのは普段の食生活です。

基本的には血糖値を急激に上げる食べ物を一番先に食べないようにすること。

食事はベジファーストで、野菜やきのこ類、肉や魚などの低GI値の食品を先に摂取して、炭水化物を最後に回すようにすれば血糖値の上昇もゆるやかに押さえることが可能です。

最終的には代謝のサイクルを早めることが透明感を取り戻すための近道になるでしょう。