美容クリニックって高いんでしょ?

美容クリニックって興味があるけど、値段が高そうで行った事がない・・・そういう人は多いと思います。

 

そして実際、診療にかかる費用はそれなりに高額です。

 

なぜならば、鼻を高くしたい!、目を大きく見せるために二重にしたい!のような見た目の問題を解決したいというケースは「病気の治療」にあたらないから。

 

美容整形のみならず、美容皮膚科も同じくくりになると思いますが、病気ではない診療を施してもらう際には健康保険がききません。

 

これがいわゆる「自由診療」と呼ばれているもの。

 

シミやホクロが気になるからと言って、それが痛みを伴う炎症を起こすわけでもありませんから病気とは認められません。

 

健康保険は病気の治療にかぎって負担が軽減されるので、シミを消すために施術された医療行為に対しての費用は100%自分が支払わなければならないわけです。

 

だから、病気の治療よりも費用が割高になってしまうんです。

 

たとえばニキビが出来た場合に皮膚科に行けば、健康保険で診察してもらえますし塗り薬などの処方も受けられます。

 

ところが、そのニキビを放置して膿んで酷く炎症させてしまい、症状が治まったけれど痕がシミになって残ってしまった・・・

 

こんなケースでは、そのシミに対して保険治療はききません。

 

なんだか、納得いかないですよね(笑)

 

ですのでニキビなら、あなどって拗らせてしまわないうちに堂々と皮膚科にかかった方がいいですよ、ってことになります。

 

美白やしみ系のお肌の表面的な悩みはある程度カバーもできますが、シワやたるみになるとそうもいきません。

 

お手軽なのは注入治療でしょうかねー。

 

チュウニュウチリョウって何?ビタミンC注射のコト?という方もいらっしゃるかもですね。

でもボトックスと言えば聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか?

それからヒアルロン酸などもそうですね。

 

一時流行ったプチ整形っていうのがこのあたりの治療方法です。

 

この手のメニューは今ではそれほど高額料金でもなくなってきましたので、美容皮膚科がはじめての方にも受けやすいものの一つではないでしょうか?

 

とはいっても、やはりたるみ治療はレーザーの方に軍配が上がる気がします。

ただし、レーザーやRFはもっと値段が上がってしまいます。

 

そしてこのどちらも、その効果が永遠に持続してくれるものではありませんので、エイジングケアに取り入れる際にはコスパを検討する必要もありますね。

 

 

 

 

クリニックのレーザー治療や美容医療ってどうなの?

美白を実現するためには細胞にあるメラニンを減らして、肌の新陳代謝を進展させるカバー力のあるコスメが肝要になってきます。

お手入れを毎晩することは、外での紫外線により出来上がったばかりのしみや、メラニンの蓄積によるシミに最も効果を発揮すると考えられています。

ただし、若いうちは化粧品でなんとか改善できても、年齢が上がるに従ってターンオーバーの促進を元に戻せるだけの効果を期待するのは厳しくなります。

そこで登場するのが美容皮膚科での治療。

よくある美容皮膚科や都市の美容外科といったホスピタルなら、コンプレックスでもある大きい顔のシミ・ソバカス・ニキビ痕をもきれいに対処できる、最新鋭の肌治療が施されます。

そもそもシミが何かと言えば、メラニンという色素が皮膚に入ってくることで生じてくる、黒い文様になっているもののこと。
身体の代謝機能が下がることにより、頻繁な体調不良とか別途不調の要素なるはずですが、顔の肌荒れもそれだと考えられます。

肌に問題を起こすと、肌が有している免疫力も低下傾向にあるため傷が広がりやすく、2、3日では綺麗にならないのも一般的な敏感肌の習性だと考えます。

保険のきかない自由診療にはそうした方にもぴったりなレーザーや注入治療など、さまざまな若返りメニューが用意されています。

美肌を目標にすると見られるのは産まれてきたほわほわの赤ちゃんと一緒で、いわゆるすっぴんでも肌質にツヤがある皮膚の状態を指しています。

たとえば人気の施術フラクショナルレーザーではお肌が生まれ変わって行くこととみなしても問題ないくらいの効果が期待できます。

さすがに美容皮膚科に行くほどの焦りは感じていなのでしたら家庭用の美顔器を上手く取り入れてみてはどうでしょう?

たとえばコスメ系の雑誌などでたびたび取り上げられているトリアスキンエイジングケアレーザーなどは、家庭に居ながらにして安全にレーザートリートメントをすることが可能です。

美容クリニックに行くのはちょっと勇気がないと言うのであれば、こんなお手軽な美顔器をお手入れに取り入れないと言う手はありませんね。

効果の画像をアップしてあるサイトも見かけますので参考になるのではと思います。⇒トリアスキンエイジングケアレーザー.net

 

 

コラーゲンって食べても塗っても効かないんでしょ?

美肌にも健康にも欠かせないコラーゲンは年齢とともにどんどん減少してしまいます。
アンチエイジングを目指すならコラーゲンに付いてよく知っておくのが大切です。

コラーゲンは皮膚だけでなくさまざまな細胞に存在して、弾力ある状態を保つ働きをしています。

皮膚でもエラスチンなどとともにコラーゲンがお肌のハリを作り出しており、減少していくとシワやタルミに繋がってしまいます。

帯状毛穴が年齢とともに目立つようになるのも、真皮の奥の基底層でコラーゲンやエラスチンが減少して表皮を支え切れなくなるせいでもあります。

コラーゲンを含む食品で有名なのは鶏の手羽先やフカヒレなど、食材としてもすでにプルプル♪

たんぱく質の一種でもあり、ゼラチン質なのが特徴です。

ただ、飲んだり食べたりしたコラーゲンは消化の段階でアミノ酸に分解されてしまうため、直接そのままコラーゲンになるわけではありません。

このためずっとコラーゲンの経口摂取は効かないと言われてきました。

それでも実際にコラーゲンの多い食品を食べると、体内のコラーゲン量が増加するというデータもあるので研究され続けていました。

近年ではコラーゲンは体内に取り込まれる際に、アミノ酸の手前のペプチド状態のものも多く、それがコラーゲン生成に役立っていると言う理論が主流になりつつあります。

体内のコラーゲン生成にはビタミンCが不可欠なので合わせて摂ることも忘れずに。

また、化粧品によく見かける「コラーゲン配合」の製品。
こちらに関してはお肌の表面に対しての保湿効果は望めても、真皮部分のコラーゲンを増やしてくれるような作用はありません。

それに体内に取り込まれたコラーゲンペプチドの場合、体全体に運ばれていくので、顔のシワだけをなくすというのは無理があります。

顔の皮膚のコラーゲンをピンポイントで増やしたいと言うのであれば別の手段に訴えるしかないでしょう。
美容クリニックなどのサーマクールやレーザー治療では、施術後にコラーゲンが増えてくれるのでハリ感アップにはもってこいですが、痛みや高額な費用がネックになりますね。

日常のケアに取り入れるには、ペプチドタイプのコラーゲンをマメに摂取したりトリア・スキンアンチエイジングケアレーザーのような家庭用美顔器でのお手入れがおすすめできます。