クリニックのレーザー治療や美容医療ってどうなの?

美白を実現するためには細胞にあるメラニンを減らして、肌の新陳代謝を進展させるカバー力のあるコスメが肝要になってきます。

お手入れを毎晩することは、外での紫外線により出来上がったばかりのしみや、メラニンの蓄積によるシミに最も効果を発揮すると考えられています。

ただし、若いうちは化粧品でなんとか改善できても、年齢が上がるに従ってターンオーバーの促進を元に戻せるだけの効果を期待するのは厳しくなります。

そこで登場するのが美容皮膚科での治療。

よくある美容皮膚科や都市の美容外科といったホスピタルなら、コンプレックスでもある大きい顔のシミ・ソバカス・ニキビ痕をもきれいに対処できる、最新鋭の肌治療が施されます。

そもそもシミが何かと言えば、メラニンという色素が皮膚に入ってくることで生じてくる、黒い文様になっているもののこと。
身体の代謝機能が下がることにより、頻繁な体調不良とか別途不調の要素なるはずですが、顔の肌荒れもそれだと考えられます。

肌に問題を起こすと、肌が有している免疫力も低下傾向にあるため傷が広がりやすく、2、3日では綺麗にならないのも一般的な敏感肌の習性だと考えます。

保険のきかない自由診療にはそうした方にもぴったりなレーザーや注入治療など、さまざまな若返りメニューが用意されています。

美肌を目標にすると見られるのは産まれてきたほわほわの赤ちゃんと一緒で、いわゆるすっぴんでも肌質にツヤがある皮膚の状態を指しています。

たとえば人気の施術フラクショナルレーザーではお肌が生まれ変わって行くこととみなしても問題ないくらいの効果が期待できます。

さすがに美容皮膚科に行くほどの焦りは感じていなのでしたら家庭用の美顔器を上手く取り入れてみてはどうでしょう?

たとえばコスメ系の雑誌などでたびたび取り上げられているトリアスキンエイジングケアレーザーなどは、家庭に居ながらにして安全にレーザートリートメントをすることが可能です。

美容クリニックに行くのはちょっと勇気がないと言うのであれば、こんなお手軽な美顔器をお手入れに取り入れないと言う手はありませんね。

効果の画像をアップしてあるサイトも見かけますので参考になるのではと思います。⇒トリアスキンエイジングケアレーザー.net

 

 

ビタミンCとビタミンC誘導体は何が違う?

化粧水の表示をよく見るとビタミンC配合(誘導体)とか、ピュアビタミンC配合のように違うもののように書かれていたりしますね。

これって美肌への効果に何か差があるのでしょうか?

肌がツヤツヤしてくる、やわらかくなる、キメが整う、毛穴やシワが目立たなくなる、ニキビが消えたなど肌の質そのものを良くしてターンオーバを正常化するビタミンC誘導体の皮膚改善効果がここ数年で急速にわかってきました。

ビタミンCは抗酸化力が強い分、単体ではあっという間に酸化してしまいます。
自然界の中にあってはかなり不安定な成分なのです。

そしてそもそもビタミンCは水溶性の成分です。

お肌の上には皮脂がありますから水は弾かれてしまい、ビタミンCを必要としている真皮に浸透して届くことは不可能です。

肌にそのまま付ける化粧水も実際にはほんの表面がうるおっているに過ぎません。

これではせっかくの有効成分も意味がないです。

この無理難題を解決するために本来水溶性である成分に親油性のモノを結合させ、肌の奥まで運べるようにと考えられたのがビタミンC誘導体です。

いくつかタイプがあありますがイオン導入は水溶性のビタミンC誘導体(リン酸型アスコルビル)でないとできないなど、用途によって変えているようです。

サイエンスコスメメーカーとして有名なビーグレンはナノ技術とドラッグデリバリーシステムによりこの難題を解決して本物のビタミンCを配合し、肌の深い部分にまで浸透させることに成功しています。

ビタミンCはコラーゲンを作る手助けをしたり、皮脂バランスをコントロールするなどの重要な働きをしますが、半面肌にとっては一種の刺激物でもあります。

濃度が濃過ぎるものを乾燥肌や敏感肌に使用すると肌荒れを起こす場合もありますので、パッチテストは忘れずに行いたいもの。

結果を急ぐあまり付けすぎるのも逆効果になる可能性も否定できません。

ビタミンCにしても誘導体にしても効果は同じと言うメーカーさんは多いですが、ピュアビタミンの方が反応が大きく出るところを見ると、効果も高いと言えそうです。

特にシミ消しには欠かせない存在ですね。

 

お肌に出来たシミを消すには?

シミって若い頃にはいくら日焼けしてもなかったのに、ある日突然でて来たように感じますね。
でも実はお肌の奥の方に長年潜んでいたメラニンが加齢で表面に出て来たものだということはご存知ですか?

シミに限らず色素沈着の類いは結構目にするメラニン色素は本来皮膚を守る役割をしています。
このため紫外線や摩擦など刺激を受けやすい部分に多く集まるので、やがて染み付いて薄黒い模様になっていくのがパターンです。

個々人に起因する部分もありますが、美肌を維持できない理由には「日焼け」と「シミ跡」の2つの要因が考えられます。

刺激と言う面では、顔の肌をゴシゴシするくらいの毎日の洗顔だけでも、皮膚が硬化することでくすみを作るきっかけになると言われているのです。

タオルで顔の水気をとる場合でも、皮膚をそっと押し付ける感じできちんと吸い取らせるのが正しいやり方。

たとえばエステサロンなどでの人気でフェイシャルトリートメントのマッサージ。

クリームをタップリ付けて指のすべりをスムースにし、あくまで軽く撫でるように行いますね?

あのくらいの優しさが日々のスキンケアにも必要なのです。

肌トラブルを持っていると、肌そのものの修復する力も低くなる傾向により傷が大きくなりやすく、ケアしなければ完治しないのも傷ができやすい敏感肌の特質だと考えられています。

化粧水を多くたくさん投入していても、美容液などは値段が高く買えないからとチープなの乳液のみを使っている方は、肌にあるより多い水分をいきわたらせていないのもあり、ライバルが羨む美肌にはなれないと断言できます。

現状況の肌にお勧めできないスキンケア用アイテムの使用が現実的には肌荒れの目には見えない誘因です。
リラックス可能な香りで気分を和らげるため、体のしんどさからくる顔の乾燥肌も軽減させられそうですね。

毎夜のスキンケアや毎日の暮らしを良くすることで、傷つきやすい敏感肌は治っていくはずです。

バリア機能が回復すればターンオーバーも正常になって行くのでだんだんとシミも減っていきますよ。