コラーゲンって食べても塗っても効かないんでしょ?

美肌にも健康にも欠かせないコラーゲンは年齢とともにどんどん減少してしまいます。
アンチエイジングを目指すならコラーゲンに付いてよく知っておくのが大切です。

コラーゲンは皮膚だけでなくさまざまな細胞に存在して、弾力ある状態を保つ働きをしています。

皮膚でもエラスチンなどとともにコラーゲンがお肌のハリを作り出しており、減少していくとシワやタルミに繋がってしまいます。

帯状毛穴が年齢とともに目立つようになるのも、真皮の奥の基底層でコラーゲンやエラスチンが減少して表皮を支え切れなくなるせいでもあります。

コラーゲンを含む食品で有名なのは鶏の手羽先やフカヒレなど、食材としてもすでにプルプル♪

たんぱく質の一種でもあり、ゼラチン質なのが特徴です。

ただ、飲んだり食べたりしたコラーゲンは消化の段階でアミノ酸に分解されてしまうため、直接そのままコラーゲンになるわけではありません。

このためずっとコラーゲンの経口摂取は効かないと言われてきました。

それでも実際にコラーゲンの多い食品を食べると、体内のコラーゲン量が増加するというデータもあるので研究され続けていました。

近年ではコラーゲンは体内に取り込まれる際に、アミノ酸の手前のペプチド状態のものも多く、それがコラーゲン生成に役立っていると言う理論が主流になりつつあります。

体内のコラーゲン生成にはビタミンCが不可欠なので合わせて摂ることも忘れずに。

また、化粧品によく見かける「コラーゲン配合」の製品。
こちらに関してはお肌の表面に対しての保湿効果は望めても、真皮部分のコラーゲンを増やしてくれるような作用はありません。

それに体内に取り込まれたコラーゲンペプチドの場合、体全体に運ばれていくので、顔のシワだけをなくすというのは無理があります。

顔の皮膚のコラーゲンをピンポイントで増やしたいと言うのであれば別の手段に訴えるしかないでしょう。
美容クリニックなどのサーマクールやレーザー治療では、施術後にコラーゲンが増えてくれるのでハリ感アップにはもってこいですが、痛みや高額な費用がネックになりますね。

日常のケアに取り入れるには、ペプチドタイプのコラーゲンをマメに摂取したりトリア・スキンアンチエイジングケアレーザーのような家庭用美顔器でのお手入れがおすすめできます。

 

 

ケミカルピーリングってどうなの?

角質肥厚や毛穴が目立つ肌に有効と言われるケミカルピーリング。
効果がありそうでもその分刺激が強いかも?と心配な人も多いと思います。

改善したい症状の程度にもよりますが、使用する薬剤や濃度を替えて様子を見ることになります。

ケミカルピーリングに対する皮膚の反応は、肌質や年齢などの違いにおいても変わるので合う合わないはどうしても避けられないのかもしれません。

また同じ人でも治療時の皮膚の状態や施術を受ける季節によっても状況は変化します。

この前のときはいい感じだったのに、今回はあまり手応えを感じられなかったなどもよく起こりがちなのだとか。

また、ケミカルピーリングの効果はすぐに治療効果が見られない場合でも、治療目標の達成の為には根気よく続けることも必要になります。

いまでは皮膚科で受けるケミカルピーリングではなく、市販されているコスメにもピーリング作用のある商品も多いです。

肌質に不安のある方は刺激の少なめな化粧水から試してみるのも良いかもしれません。

ケミカルピーリングの後は角質層が剥がれて紫外線が皮膚に浸透しやすいため、紫外線対策はマストです。
UVカット効果の高い日焼け止めを忘れずに付けるようにして下さい。

敏感肌など角質が痛んでいる状態の皮膚ではケミカルピーリングが必要以上に深くなってしまいます。

ケミカルピーリングの前に顔を剃ったり、ピールオフタイプのパックやスクラブ洗顔も避けてる必要があります。

にきび治療にも有効と言われますが、赤く腫れたニキビには刺激が強過ぎるケースもありますので、自己流で行うのは避けるべきでしょう。

何回か繰り返すうちに毛穴が目立たなくなるのは本当にうれしいものです。