コラーゲンって食べても塗っても効かないんでしょ?

美肌にも健康にも欠かせないコラーゲンは年齢とともにどんどん減少してしまいます。
アンチエイジングを目指すならコラーゲンに付いてよく知っておくのが大切です。

コラーゲンは皮膚だけでなくさまざまな細胞に存在して、弾力ある状態を保つ働きをしています。

皮膚でもエラスチンなどとともにコラーゲンがお肌のハリを作り出しており、減少していくとシワやタルミに繋がってしまいます。

帯状毛穴が年齢とともに目立つようになるのも、真皮の奥の基底層でコラーゲンやエラスチンが減少して表皮を支え切れなくなるせいでもあります。

コラーゲンを含む食品で有名なのは鶏の手羽先やフカヒレなど、食材としてもすでにプルプル♪

たんぱく質の一種でもあり、ゼラチン質なのが特徴です。

ただ、飲んだり食べたりしたコラーゲンは消化の段階でアミノ酸に分解されてしまうため、直接そのままコラーゲンになるわけではありません。

このためずっとコラーゲンの経口摂取は効かないと言われてきました。

それでも実際にコラーゲンの多い食品を食べると、体内のコラーゲン量が増加するというデータもあるので研究され続けていました。

近年ではコラーゲンは体内に取り込まれる際に、アミノ酸の手前のペプチド状態のものも多く、それがコラーゲン生成に役立っていると言う理論が主流になりつつあります。

体内のコラーゲン生成にはビタミンCが不可欠なので合わせて摂ることも忘れずに。

また、化粧品によく見かける「コラーゲン配合」の製品。
こちらに関してはお肌の表面に対しての保湿効果は望めても、真皮部分のコラーゲンを増やしてくれるような作用はありません。

それに体内に取り込まれたコラーゲンペプチドの場合、体全体に運ばれていくので、顔のシワだけをなくすというのは無理があります。

顔の皮膚のコラーゲンをピンポイントで増やしたいと言うのであれば別の手段に訴えるしかないでしょう。
美容クリニックなどのサーマクールやレーザー治療では、施術後にコラーゲンが増えてくれるのでハリ感アップにはもってこいですが、痛みや高額な費用がネックになりますね。

日常のケアに取り入れるには、ペプチドタイプのコラーゲンをマメに摂取したりトリア・スキンアンチエイジングケアレーザーのような家庭用美顔器でのお手入れがおすすめできます。